Papers

A list of research papers for the past 3 years.

  • 田嶋一之, 向井智久, 毎田悠承, 鹿嶋俊英, 南部禎士(2021). 衛星測位における建築物の地震時応答変位観測に関する基礎研究. 日本建築学会大会学術講演梗概集(東海), B-2, pp.999-1000.
  • 中川博人, 鹿嶋俊英(2021). 千葉市にある鉄骨造高層建物の強震観測. 日本建築学会大会学術講演梗概集(東海), B-2, pp.901-902.
  • 鹿嶋俊英, 中川博人(2021). 中層鉄骨造庁舎の地盤増幅特性と相互作用に関する考察. 日本建築学会大会学術講演梗概集(東海), B-2, pp.903-904.
  • 鹿嶋俊英, 小山信, 中川博人(2021). SMAC-M型強震計記録の再数値化. 日本地震工学論文集, Vol.21, No.1, pp.35-45.
  • 鹿嶋俊英, 小山信, 中川博人(2020). 1978年宮城県沖地震で観測された東北大学の強震記録の再数値化. 日本地震工学会大会-2020梗概集.
  • Toshihide Kashima, Hiroto Nakagawa(2020). Dynamic Characteristics of a Six-storey Steel Building Examined from Strong Motion and Ambient Vibration Data. EURODYN 2020 XI International Conference on Structural Dynamics, I, pp.1189-1194.
  • Ishii, K., Kikuchi, M., Iiba, M., Kashima, T.(2020). Evaluation of Effective Seismic Energy Input Rates Based on Long-term Earthquake Observation Records. Proceeding of the 17th World Conference on Earthquake Engineering, 4c-0020.
  • Nakano, K., Kosaka, H., Yamamoto, T., and Kashima, T.(2020). Study on practical performance of reasonably-priced acceleration sensors based on shaking table tests and strong motion observations. Proceeding of the 17th World Conference on Earthquake Engineering, 2i-0005.
  • Kashima, Toshihide(2020). Long-term Seismic Monitoring of Middle-rise SRC Buildings. Proceeding of the 17th World Conference on Earthquake Engineering, 2c-0104.
  • Ahmed A. TORKY, Susumu OHNO, Toshihide KASHIMA(2020). A Deep Learning Approach to Dynamic Response Predictions for Structures. 日本建築学会大会学術講演梗概集(関東), B-2, pp.179-180.
  • 田村彩女, 田沼毅彦, 小田聡, 鹿嶋俊英, 王欣, 永野正行(2020). 超高層集合住宅の動的相互作用による上下伝達ピークの高振動数側への変動. 日本建築学会大会学術講演梗概集(関東), B-2, pp.271-272.
  • 鹿嶋俊英, 中川博人(2020). 中層鉄骨造庁舎の強震観測. 日本建築学会大会学術講演梗概集(関東), B-2, pp.527-628.
  • 田澤優介, 石井建, 鈴木康介, 菊地優, 飯場正紀, 鹿嶋俊英(2020). 免震建物における観測記録に基づく地震入力エネルギーの算定 その1 ARXモデルを用い解析した結果. 日本建築学会大会学術講演梗概集(関東), B-2, pp.765-766.
  • 鈴木康介, 田澤優介, 石井建, 菊地優, 飯場正紀, 鹿嶋俊英(2020). 免震建物における観測記録に基づく地震入力エネルギーの算定 その3 非免震、免震建物における算定手法の有効性. 日本建築学会大会学術講演梗概集(関東), B-2, pp.769-770.
  • 石井建, 鈴木康介, 田澤優介, 菊地優, 飯場正紀, 鹿嶋俊英(2020). 免震建物における観測記録に基づく地震入力エネルギーの算定 その2 窓関数を用い解析した結果. 日本建築学会大会学術講演梗概集(関東), B-2, pp.767-768.
  • 鹿嶋俊英(2019). 平成時代の強震観測. 建築防災, No.503, p.1.
  • Toshihide Kashima and Hiroto Nakagawa(2019). Seismic Structural Health Monitoring of a Six-story Wooden Building. Structural Health Monitoring 2019, pp.2533-2540.
  • 濱本卓司, 国松直, 鹿嶋俊英, 小林正純(2019). 実地震動に対する6階建て木造枠組壁工法実験棟の振動計測. 日本建築学会技術報告集, No.61, pp.1061-1066.
  • 向井智久, 毎田悠承, 田嶋一之, 鹿嶋俊英, 南部禎士(2019). 建築物の地震時応答変位観測手法に関する基礎研究. 日本建築学会大会学術講演梗概集(北陸), B-2, pp.1077-1078.
  • 鹿嶋俊英, 中川博人(2019). 強震記録に基づく枠組壁工法6階建て実大実験棟における地盤と建物の相互作用効果の検討. 日本建築学会大会学術講演梗概集(北陸), B-2, pp.713-714.
  • 柳原泰平, 田澤優介, 石井建, 菊地優, 飯場正紀, 鹿嶋俊英(2019). 地震観測記録に基づく地震入力エネルギー実効入力率の評価 (その2) 長期観測における実効入力率の変動. 日本建築学会大会学術講演梗概集(北陸), B-2, pp.7-8.
  • 田澤優介, 柳原泰平, 石井建, 菊地優, 飯場正紀, 鹿嶋俊英(2019). 地震観測記録に基づく地震入力エネルギー実効入力率の評価 (その1) 実効入力率の算定. 日本建築学会大会学術講演梗概集(北陸), B-2, pp.5-6.
  • 鹿嶋俊英, 中川博人(2019). 6階建て木造枠組壁工法実験棟の振動特性の変動要因の分析. 日本建築学会構造系論文集, No.763, pp.1199-1205.
  • Toshihide Kashima and Yoshiaki Hisada(2019). S2HM Practice and Lessons Learned from the 2011 Tohoku Earthquake in Japan. Seismic Structural Health Monitoring, pp.345-360.
  • Toshihide Kashima and Hiroto Nakagawa(2019). Dynamic characteristics of a six-storey wooden building based on strong motion data. Proceeding of the 11th Pacific Conference on Earthquake Engineering (11PCEE), #132.
  • 和田拓也, 池田芳樹, 倉田真宏, 鹿嶋俊英(2019). 振幅依存性をもつ鉄骨造建物の固有振動数を本震応答のみで評価する方法の検証. 構造工学論文集, Vol.65B, pp.17-30.
  • 仲野健一, 小阪宏之, 山本健史, 鹿嶋俊英(2018). MEMSセンサを搭載した計測デバイスの性能評価と6階建木造実験住宅における強震観測の実施. 第15回日本地震工学シンポジウム, pp.3435-3444.
  • 鹿嶋俊英, 中川博人(2018). 強震記録に基づく枠組壁工法6階建て実大実験棟の振動特性の分析. 第15回日本地震工学シンポジウム, pp.3322-3331.
  • 中村尚弘, 鹿嶋俊英, 東城峻樹, 肥田剛典, 飯山かほり, 宮津裕次, 鈴木琢也(2018). 振幅依存性を考慮したS造建物の水平1次,2次振動特性. 日本建築学会構造系論文集, No.753, pp.1561-1571.